tech boost(テックブースト)の無料説明会

テックブーストの無料説明会を、オンラインで受けてきました。
印象から先にと言ったら「凄く、良いかも!」です。
カリキュラムや転職支援もしっかりしているみたいで、通学も可能で、
その上料金が他のプログラミングスクールと比較すると安いです。

 

事前に調べた時、悪い評判がほとんど見つからなくて、
逆に心配だったのですが、心配はいらなかったです。

 

 

テックブーストの無料説明会

 

 

テックブーストの無料説明会の感想

 

無料説明会では、テックブーストの売り込みや営業はほとんどありませんでした。

 

  • エンジニアにはどういう働き方があるか?
  • どんなプログラミング言語にニーズがあるのか?
  • プログラミング言語による稼ぎ方の違い
  • 転職するならいつ頃がいいか?

 

等々を教えてくれました。
それに、わたしの状況や要望を一所懸命に聞いてくれて、
こういう方向が良いのでは?とアドバイスをいただきました。

 

前もってテックブーストに関してある程度、リサーチしていたのですが、
それらの情報から変わっている点も何個かありました。
それに、わたしの状況や要望を一所懸命に聞いてくれて、
こういう方向が良いのでは?とアドバイスをいただきました。

 

前もってテックブーストに関してある程度、リサーチしていたのですが、
それらの情報から変わっている点も何個かありました。

 

 

テックブーストの無料説明会では、Wherebyというものを利用して、ビデオ通話をしました。

 

最初に、アンケートに答えました。
加えてその後ヒアリングに回答していきます。

 

  • 今の仕事だとこの先が不安なこと。
  • 手に職をつけたいこと。
  • 20代の間に、転職したいこと。
  • 場所や時間が自由な仕事をしたいこと。
  • 現在勉強していること

 

等、現在の悩みやこの先の希望を話ました。

 

テックブーストで学習する時の目標地点として、
多いのは「自分自身でWebサービス」作成とのことでした。
その視点から、ダントツに稼げるプログラミング言語は何か、質問してみました。

 

それはズバリ、Ruby、PHP、Javaだそうです。
1つ1つ詳しく聞いてみました。

 

Rubyの特徴は、学習が簡単で、開発効率が良いことです。
自分であたらしいWebサービスを作り出すならRubyが良いと思います。

 

PHPの特徴は、Web系じゃなくても使用されるほど汎用性が高いことです。
業務系アプリケーションでも使用されることがあるので、求人数や案件数が多いです。
フリーランスの場合はPHPが出来ると強いです!

 

Javaの特徴は、学習のハードルが高いけれど、求人が多いことです。
エンジニアとしてあちこちで活躍できる技術が身に付きます。

 

自分がしたい仕事のスタイルや、学習するべき言語が分かるのってありがたく感じます。
いっぱい相談に乗ってもらえて、しかも無料です。
悩んでる人には無料カウンセリングオススメです。

 

テックブーストの教室の場所とアクセス方法!

 

 

テックブーストの無料説明会

 

 

テックブーストの無料カウンセリングの予約方法

 

無料カウンセリングを予約する手続きはこんなふうです。

 

  1. 公式サイトへ行き、「無料説明会はこちら」をクリック
  2. フォームに氏名、フリガナ、電話番号、メールアドレスを入力して「申し込む」をクリック
  3. 入力したメールアドレス宛に、すぐに案内メールが送られて来る
  4. メール内のURLから、日時と方法(対面orオンライン)をチョイスし、予約をクリック

 

こちらの公式サイトへ行き、「無料説明会はこちら」をクリックする

 

tech boost(テックブースト)の無料説明会

 

 

申し込みフォームに移動するので、
フォームに「お名前」「フリガナ」「電話番号「メールアドレス」を入力して
「申し込む」をクリックする

 

tech boost(テックブースト)の無料説明会

 

 

入力したメールアドレス宛に、すぐに案内メールが送られて来ます。

 

メール内のURLから、日時と方法(対面orオンライン)をチョイスし、予約をクリックする。

 

 

テックブーストの無料説明会

 

 

テックブーストの無料説明会を予約すると電話がくる

 

予約の後、無料説明会の1日前に電話が入ってきました。
予めなにか聞かれるのかな?と思いましたが、日程の確認のみで、
30秒くらいだけの通話でした。

 

無料説明会の後は、1週間後に一回電話がきました。
こちらも、その後検討状況いかがですか?といった軽い確認で、
しつこい売り込みは全くなかったです。
激しく営業されるの苦手な方は、ご安心ください。

 

 

無料説明会の様子

 

テックブーストのオンライン無料説明会ではWherebyというサービスを使って通話するんです。
無料説明会のその日にメールでWherebyというサービスのURLが送られます。
予約している時間になると、このWherebyのURLにブラウザでアクセスすれば大丈夫です。

 

パソコンで受けるケースだと、Webカメラとマイクがあると良いと思います。
スマホで受けるケースは、Wherebyアプリをインストールしておくと楽チンです。

 

無料カウンセリングの始めで、アンケートがあって、

 

  • 現在どんな将来を考えているのか?
  • プログラミングスクールに求めることは何か?
  • プログラミングスクールの検討レベル

 

というものを答えます。
その後に、そのアンケート内容に沿って、お話しするという流れです。
特に前以ての準備はいらないし、氏名・電話番号・メールアドレス・
生年月日以外の個人情報は求められませんでした。

 

 

テックブーストの無料説明会を対面で受けるケース

 

対面で無料体験レッスンを受けるケースだと、渋谷オフィスで、となります。
無料体験レッスンは、対面で受ける方が、教室のイメージが掴めるのでおすすめです。
特に、通学を予定している場合は、一回実際に教室をご覧になった方がいいですね。

 

日にちの都合が合うなら、対面での無料カウンセリングがいいと思います。
場所は、渋谷駅から7〜8分の「渋谷STサテライトオフィス」です。
東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル6F になります。

 

 

テックブーストの無料説明会をオンラインで受けるケース

 

オンラインでの無料説明会は、本当にカンタンです!
予約している時間にさしかかったら、案内メールに従って、
オンライン通話サービス「Whereby」のURLにブラウザでアクセスするのみでうまく行くと思います!

 

無料説明会の行程はこんな風でした。

 

  1. アンケート
  2. ヒアリング
  3. エンジニア業界についての説明
  4. カリキュラム提案
  5. 質疑応答

 

最も時間を割いてもらったのは「ヒアリング」です。
こっちの年齢、状況、プログラミングのスキルを入念に聞いていただき、
レベルや目的に最適なアドバイスをしてもらえました!

 

テックブーストの無料説明会は、渋谷で対面でやるか、オンラインですることになります。
渋谷へ足を運べない場合は、オンラインで説明を受けることになります。
受講コースもオンラインのみのコースがあるから、
渋谷に足を運べない場合でも問題なく受講できますよ。

 

 

テックブーストの無料説明会

 

 

テックブーストの転職支援

 

テックブーストは、プログラミングスクール事業だけじゃなく、
系列会社で転職支援やフリーランス支援事業をやっています。

 

運営会社の株式会社Branding Engineerは、
エンジニア転職支援サービス「Tech Stars」、独立支援サービス「Midworks」もしています。
それら系列会社との連携で、転職やフリーランスとしての独立を
サポートしてくれる体制が整っているそうです。

 

むしろ、かつてはエンジニアを支援する事業の方が先にでき上がって、
プログラミングスクール事業は後になってできたものだそうです。
だからこそ、就職支援・転職支援・フリーランス支援に関しては、
すごく自信があるみたいです。

 

 

テックブーストのメリット・デメリット

 

次はテックブーストのメリットやデメリットに関して説明します。
他社のプログラミングスクールと比較して有益に感じた点や
デメリットに感じた点を3つずつに整理しましたので役立てて下さい。

 

メリット デメリット
・自分の学習したいことに特化できる


・卒業しない限り現役エンジニアに相談可
・ワイドな知識を得ることができる

・卒業するまで費用がかかる


・初期費用がいくらか必要
・勉強時間が300時間以上必要

 

メリット

 

テックブーストを受けるメリットでは
「学習したいことに特化できる」
「現役エンジニアのサポートを受けることが出来る」
「広い範囲の知識が学べる」
ことが挙げられます。

 

ひとつひとつのメリットについて詳しく説明しますので、
テックブーストについて関心がある方はお役立てください。

 

 

自分の学習したいことに特化できる

 

テックブーストでは色々なプログラミング言語を学習することができます。
ただし人によってプログラミング言語を学習する目的が違う上に、
全ての言語を学習すると莫大な時間がかかり、他の言語と混ざってしまい中途半端になります。

 

テックブーストは予めヒアリングをして、その方に合った言語や時間の割き方を紹介してもらえます。
万が一設定していた時間・プランに間に合わなくても、後から変更もできるから、
自由度が高いプログラミングスクールといってもいいのではないでしょうか。

 

 

 

卒業しない限り現役エンジニアに相談可

 

月額料金を定期的に支払うことで、卒業しないというやり方も選択できます。
テックブーストでは1か月で4回自分自身に合った現役エンジニアが担当に就任し、
それぞれ1時間の相談ができるサポートが付属しています。

 

加えて担当じゃない現役エンジニアにチャットやビデオ通話で質問を24時間何度でも出来ます。
月額料金を支払って、卒業をしないことで現役エンジニアの
きめ細やかなサポートを毎月4回受けることができて、
実際スタートして分からないことでもそのときに相談することも可能です。

 

 

ワイドな知識を得ることができる

 

テックブーストは幅広い知識を学習することができるという所も高い支持を得ています。
受講できるプログラミング言語の種類も豊富で、
自分自身に合わせて選択することが可能です。
さらにプログラミング言語の中でも流行り廃りがある中でも、
昔の重要言語とされた「Java」を習って、自分好みにアレンジできるように学習することも出来ます。
自分の可能性の幅を伸ばすことができやすいところも魅力です。

 

 

テックブーストの無料説明会

 

 

デメリット

 

次はテックブーストのマイナス面でもあるデメリットに関して説明します。
デメリットは「費用面」「初期費用」「勉強時間」の3つが存在します。

 

 

卒業するまで費用がかかる

 

テックブーストでは卒業しないできめ細やかなサポートを受け続けることが可能ですが、
卒業するまで毎月費用が必要です。
お金の負担については人によって違いますが、
できるだけコストを抑えたいと考えている場合は勉強に重点をおき、
早めに卒業できるようにプランを組むのがオススメです。

 

 

初期費用がいくらか必要

 

他社のプログラミングスクールと比較して初期費用は低価格ですが、
どうしてもいくらかの初期費用を支払う必要があります。
費用以上の学習・サポートを受けるできることができますが、
一定レベルのお金を用意してからでないと負担になります。

 

 

勉強時間が300時間以上必要

 

テックブーストの一番のデメリットが「受講時間」なんです。
テックブーストは300時間位を目安に勉強時間に決めていますが、
人によって会社や学校に通いながらの状況が違うケースや理解能力が変わるので、
400時間要する方もいます。

 

きちんと学習しないと分からない点が多くなるので、学習時間を確保する必要があります。
しかしテックブーストでは担当の現役エンジニアに相談して学習することができる上に、
24時間の質問サポートで課題を進めていくことができるので、初めての方でもわかりやすいです。

 

 

 

テックブースト(tech boost)の料金

 

テックブーストの料金について説明します。
料金については通学受講かオンライン受講かで初期費用が変わります。
社会人と学生によっても料金が変わりますが、
月額費用については全員例外なしに29,800円です。
最短で3ヶ月で卒業が出来ますが、3ヶ月過ぎてもわざわざ月額費用を
毎月支払って現役のエンジニアに相談を受ける方も多いです。

 

オンライン受講 通学受講
入学金 社会人:184,800円


学 生:147,800円

社会人:269,800円


学 生:199,800円

月額費用 社会人・学生共通:29,800円 社会人・学生共通:29,800円
期間 3ヶ月〜 3ヶ月〜

 

 

テックブーストの無料説明会

 

 

 

テックブーストの無料説明会

 

 

 

 

tech boost(テックブースト)でPythonは学べる?